トイカメラはロシアや中国

トイカメラとは、もともとはロシアや中国などで生産された作りの粗雑なカメラのことをいう。
日本の勤勉なメーカー群とは対極をなすその製達は、つくりの粗雑さが原因で偶然なんとも味わい深い写真撮れるということで、マニアの間でじわじわ流行していったのである。
トイカメラブームの火付け役と言えば、90年代後半に生産されたロシア製のLOMOである。
それ以降世界中のトイカメラが日本に紹介され、日本人は几帳面な日本製のカメラでは撮ることのできない味わい深い描写や発色に魅力を感じて、トイカメラの虜になっていったのである。
トイカメラの特徴としては、安価な素材で簡素化されて作られたものであるため、同じ種類の型であっても個性があり、写真の品質にもばらつきがあるため、プロのカメラマンなどがその奇妙な光学効果を逆に利用した写真などが評価され、報道や芸術関連の分野で数多くの賞を勝ち取り、現在でもトイカメラの愛好家や芸術家などに強く支持されている。
トイカメラには様々なメーカーがあるが、その代表であるHolga(ホルガ)は中国製の安価な中判の箱形カメラで、その低忠実性ゆえに、ロシア製カメラのLOMOと並んで芸術的に評価?されている。
ホルガは1982年に香港で生まれ、その頃に中国でもっとも普及していた120フィルム(ブローニュ判)を使用していた。
元来中国の労働者階級の家族写真やイベントを記録することを目的とし、安価で大量に販売されることを目指していたカメラである。
ホルガの語源は広東語の「Ho Gwong」=「とても明るい」である。
個人として勧めるとしたら、ピンホールカメラにはありがちな光漏れなどの扱いにくさが多少解消されたZero Image社の「ZERO2000」である。
チーク材のボディに真鍮製の金具が組み込まれるなど、高級感漂う大人のカメラとして仕上がっている。
全面にピントが合う「パンフォーカス」により、奥行きのある写真になり、シャッターの開き時間を調整することで新たな表現も可能である。




RSS関連リンク


トイカメラ


たロシア製のLOMOである。
それ以降世界中のトイカメラが日本に紹介され、日本人は几帳面な日本製のカメラでは撮ることのできない味わい深い描写や発色に魅力を感じて、トイカメラの虜になっていったのである。
トイカメラの特徴と言えば、その製品の完成度



トイカメラ Vivitar Ultra Wide & Slim北アルプスでカシャ


今回の山行記録はこちら→ 山行記録 穂高岳連峰縦走 番外編? トイカメラで綴る山旅 です。
今回もトイカメラ Vivitar Ultra Wideを山旅に連れて行きました。
お天気が悪そうだったのでASA800のフイルムを入れていきました。
屏風岩に抜けるような青い空です。
枯れ木


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。