バカチョンカメラの味

トイカメラ(toy camera)とは、おもちゃに分類レンズ付きフィルム(『写ルンです』などに代表されるシャッタースピードや絞り、距離などが自動のいわゆる”馬鹿ちょんカメラ”の仲間である。
日本製は基本的にちゃんと写るのでその点、誤解が無いように。
もともとはロシアや中国などで生産された作りの粗雑なカメラのことで、いわゆるおもちゃ(トイ)みたいなカメラという意味であるので、日本の勤勉なメーカー群とは対極をなすその製品と言って良い。
トイカメラには、ボディに擦り傷や汚れがある場合や外箱に問題がある場合、レンズにゴミなどが最初から混入している場合などがある。
一応、撮影された写真に影響がある場合は不良品となるが、影響が認められない場合は不良品という判断はしないのがトイカメラで、日本製とはその点まったく異なる。
フラッシュについても全く同調しないものは、初期不良として対応するが、基本的に動作保証はないと思って良い。
トイカメラには様々な種類があるが、その代表的なメーカーであるHolga(ホルガ)は中国製の箱形カメラで、低品質の材料と単純な凹凸レンズの組み合わされ、LOMOよりも安く販売されたが、その安っぽい造りはしばしば背景のケラレ、ぼけ、光漏れあるいはその他の像のゆがみを生み、同じ機種でも一個一個写り具合が異なるほど品質が劣っていた。
これらの効果により時々生じる一風変わった写真は、皮肉なことに国際的なカルト的人気を高め、ホルガの写真はアートと報道の分野で数多くの賞を勝ち取り、トイカメラの愛好者や芸術家などに強く支持されている。
個人として勧めるとしたら、ピンホールカメラにはありがちな光漏れなどの扱いにくさが多少解消されたZero Image社の「ZERO2000」である。
チーク材のボディに真鍮製の金具が組み込まれるなど、高級感漂う大人のカメラとして仕上がっている。
全面にピントが合う「パンフォーカス」により、奥行きのある写真になり、シャッターの開き時間を調整することで新たな表現も可能である。




RSS関連リンク


no.560 ぱーてぃーぴーぽー


のお詫びとトランスフォーマーを見に行こうと誘う。
渋谷に集合するも映画の時間が微妙で喫茶店で日常会話。
ツッツンが購入したトイカメラのようなテイストがでるデジカメが、やばかった。
準之助が渋谷に現れ池尻にBBQへ。
レスレインというWEBデザイン会社が主催しているパーティー



#316 LOMO or HOLGA


ぬー!!欲しい!!トイカメラ!!デジカメも良いけど、トイカメラがほしー ロモー!!ロモで撮られた写真みてたんやけど、やっぱ温かみが違うよな!!あー欲しい!!買ってー!!もしくは安く譲ってー そいで使い方とかおしえてー てか普通の電気屋さんで売っ


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。