粗雑なつくり

トイカメラとは、日本の勤勉なメーカー群とは対極をなす、ロシアや中国などで生産された粗雑なつくりのカメラである。
ところがつくりの粗雑さが原因で、なんとも味わい深い写真撮れるということで、その味わい深い描写や発色に魅力を感じて、トイカメラの虜になっていったマニア達のせいで、今日大いに市場が拡大されてきている。
トイカメラと言っても2種類ある、「おもちゃとして作ったカメラ」と「おもちゃになっちゃったカメラ」である。
LOMOのスメハチとかLC-A、ルビテル(こまおカメラ)、は「ちゃんと製品として作りました」という感じがする。
最近では、トイカメラが、その性能をアピールするコマーシャルを見かけるが、それは愚の骨頂といえるだろう。
トイカメラには様々な製品があるが、トイカメラの代名詞と言われる「HOLGA」の最上級モデル「HOLGA120CFN」は、4色のカラーストロボが内蔵され、頭のダイアルを回転すると、オレンジの街並みや青い木々など楽しい世界が映し出される。
気分によっては好きなストロボ光をあてることも可能で、120フィルム使用なので画質も良いのが特徴である。
個人として勧めるとしたら、ピンホールカメラにはありがちな光漏れなどの扱いにくさが多少解消されたZero Image社の「ZERO2000」である。
チーク材のボディに真鍮製の金具が組み込まれるなど、高級感漂う大人のカメラとして仕上がっている。
全面にピントが合う「パンフォーカス」により、奥行きのある写真になり、シャッターの開き時間を調整することで新たな表現も可能である。




RSS関連リンク


Vivitar


実はトイカメラに興味を持つ切っ掛けは、この「Vivitar Ultra Wide&Slim」というカメラで撮った写真をWEBで見たことでした。
すぐに買えばいいものの、一瞬躊躇してたらいつの間にか入手困難になってしまいました。
で、つい最近ようやく入手が容易になったので「今度こそは!



クリアショットSの風景


良くなった 「LABI1なんば(ヤマダ電機)」 です。
ただ広角だけを楽しみたいのであれば、お手軽なカメラだとおもいます。
小型・軽量・リーズナブルと三拍子揃っています。
価格帯からトイカメラのジャンルに入れられそうですが、コンパクトフィルムカメラとして十分なコストパフォーマンスがでて


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。