トイカメラっておもちゃ?

トイカメラとは、いわゆるおもちゃみたいなカメラである。
プラスチックのレンズや手巻きのフィルムなどで製作され、その精度は大変低く、撮影がうまくいくかどうかは、”時の運”、その偶然さがマニアにうけて、几帳面な日本製のカメラと相対するカメラとして、味わい深い描写や発色に魅力を感じて、その虜になっていった日本人も数知れない。
トイカメラの特徴としては、本体・レンズ等ほぼ全体を構成する素材がプラスチック(合成樹脂)等から作られ組立の構成が比較的簡単な箱型で、安価なカメラである。
もともとは大衆的に広く使われるようにと、安価な素材で簡素化されて作られたもので、同じ種類の型でもそれぞれに個性があり、写真の品質にばらつきがあるものが多く、このばらついた品質効果のため、プロのカメラマンなどがその奇妙な光学効果を逆に利用した写真などが評価されてきた。
トイカメラには様々なメーカーがあるが、かの有名なLOMO(ロモ)社は、ロシア帝国の首都サンクトペテルブルクで1914年2月4日に設立された有限会社・国立光学器械工場(Государственный Оптико−Механический Завод、GOMZ)を前身とし、1962年レニングラード(1924年ペトログラードから改名)に誕生した。
個人的なお気に入りは、「ロモ」である。
ロシア製カメラで、いわゆるトイカメラとも呼ばれている。
チープな作りで、独特の味がある?写真が撮れる。
ファンにはそこがたまらないであろう。
最近では、トイカメラ風にPhotoshopなどでデジタル画像を変換処理し、あたかもトイカメラ風にして紹介している場合もあるが、やはり味わいには違いが見られ、本物のリアリティ?にはかなわない。




RSS関連リンク


映画 新着人気ブログ何だこの殺人的スケジュールは


過ぎ!説明できないぐらい楽しかった♪ ≪≪びびった?!≫≫ やっとこさ手にしたトイカメラ VIVITAR untra にて!第二のふるさと伊野町が誇る一級河川、仁淀川の土手で パチリ!さすがトイカメラ トンネル効果でまくりですね ♪ 三枚目は指も写っ ...≪≪南少林寺VS



検定


トイカメラ、スメハチを自分の誕生日記念に購入し、時々遊ぶ。
その絡みじゃないがフォトマスターを受験してみようと思い立ち、願書を取り寄せている。
写真についての細かいことは何にも知らないのだが、勉強してみると奥が深い。
簡単に使えるデジカメも良いが、


粗雑なつくり

トイカメラとは、日本の勤勉なメーカー群とは対極をなす、ロシアや中国などで生産された粗雑なつくりのカメラである。
ところがつくりの粗雑さが原因で、なんとも味わい深い写真撮れるということで、その味わい深い描写や発色に魅力を感じて、トイカメラの虜になっていったマニア達のせいで、今日大いに市場が拡大されてきている。
トイカメラと言っても2種類ある、「おもちゃとして作ったカメラ」と「おもちゃになっちゃったカメラ」である。
LOMOのスメハチとかLC-A、ルビテル(こまおカメラ)、は「ちゃんと製品として作りました」という感じがする。
最近では、トイカメラが、その性能をアピールするコマーシャルを見かけるが、それは愚の骨頂といえるだろう。
トイカメラには様々な製品があるが、トイカメラの代名詞と言われる「HOLGA」の最上級モデル「HOLGA120CFN」は、4色のカラーストロボが内蔵され、頭のダイアルを回転すると、オレンジの街並みや青い木々など楽しい世界が映し出される。
気分によっては好きなストロボ光をあてることも可能で、120フィルム使用なので画質も良いのが特徴である。
個人として勧めるとしたら、ピンホールカメラにはありがちな光漏れなどの扱いにくさが多少解消されたZero Image社の「ZERO2000」である。
チーク材のボディに真鍮製の金具が組み込まれるなど、高級感漂う大人のカメラとして仕上がっている。
全面にピントが合う「パンフォーカス」により、奥行きのある写真になり、シャッターの開き時間を調整することで新たな表現も可能である。




RSS関連リンク


Vivitar


実はトイカメラに興味を持つ切っ掛けは、この「Vivitar Ultra Wide&Slim」というカメラで撮った写真をWEBで見たことでした。
すぐに買えばいいものの、一瞬躊躇してたらいつの間にか入手困難になってしまいました。
で、つい最近ようやく入手が容易になったので「今度こそは!



クリアショットSの風景


良くなった 「LABI1なんば(ヤマダ電機)」 です。
ただ広角だけを楽しみたいのであれば、お手軽なカメラだとおもいます。
小型・軽量・リーズナブルと三拍子揃っています。
価格帯からトイカメラのジャンルに入れられそうですが、コンパクトフィルムカメラとして十分なコストパフォーマンスがでて


toy cameraがなぜうける?

トイカメラ(toy camera)とは、おもちゃに分類レンズ付きフィルム(『写ルンです』などに代表されるシャッタースピードや絞り、距離などが自動のいわゆる”馬鹿ちょんカメラ”の仲間である。
日本製は基本的にちゃんと写るのでその点、誤解が無いように。
もともとはロシアや中国などで生産された作りの粗雑なカメラのことで、いわゆるおもちゃ(トイ)みたいなカメラという意味であるので、日本の勤勉なメーカー群とは対極をなすその製品と言って良い。
トイカメラの特徴としては、本体・レンズ等ほぼ全体を構成する素材がプラスチック(合成樹脂)等から作られ組立の構成が比較的簡単な箱型で、安価なカメラである。
もともとは大衆的に広く使われるようにと、安価な素材で簡素化されて作られたもので、同じ種類の型でもそれぞれに個性があり、写真の品質にばらつきがあるものが多く、このばらついた品質効果のため、プロのカメラマンなどがその奇妙な光学効果を逆に利用した写真などが評価されてきた。
トイカメラには様々な製品があるが、トイカメラの代名詞と言われる「HOLGA」の最上級モデル「HOLGA120CFN」は、4色のカラーストロボが内蔵され、頭のダイアルを回転すると、オレンジの街並みや青い木々など楽しい世界が映し出される。
気分によっては好きなストロボ光をあてることも可能で、120フィルム使用なので画質も良いのが特徴である。
個人的なお気に入りは、「ロモ」である。
ロシア製カメラで、いわゆるトイカメラとも呼ばれている。
チープな作りで、独特の味がある?写真が撮れる。
ファンにはそこがたまらないであろう。
最近では、トイカメラ風にPhotoshopなどでデジタル画像を変換処理し、あたかもトイカメラ風にして紹介している場合もあるが、やはり味わいには違いが見られ、本物のリアリティ?にはかなわない。




RSS関連リンク


最近ホルガが気になる・・・


先週 ホルガジャンボリーと言う写真展へ行ってから トイカメラのホルガがとても気になりだした。
今週もやってるので 行きたいのだが 用事が出来てゆけなくなりそう。
私の 今の撮り方(本意ではないが) とりあえず 考えたふりをして撮影する。
↓ たくさんとっ...



高杉さと美 公式 Photo Gallery更新 07/09


高杉さと美公式SiteのPhoto Galleryコーナーが更新されました。
高杉さと美公式 Siteのコンテンツの1つであり、高杉さん自身がトイカメラで撮影した画像にコメントをつけてUPするという、「Photo Gallery」コーナーが、3度目の更新を迎えました。
前回が、7月11日の更新


バカチョンカメラの味

トイカメラ(toy camera)とは、おもちゃに分類レンズ付きフィルム(『写ルンです』などに代表されるシャッタースピードや絞り、距離などが自動のいわゆる”馬鹿ちょんカメラ”の仲間である。
日本製は基本的にちゃんと写るのでその点、誤解が無いように。
もともとはロシアや中国などで生産された作りの粗雑なカメラのことで、いわゆるおもちゃ(トイ)みたいなカメラという意味であるので、日本の勤勉なメーカー群とは対極をなすその製品と言って良い。
トイカメラには、ボディに擦り傷や汚れがある場合や外箱に問題がある場合、レンズにゴミなどが最初から混入している場合などがある。
一応、撮影された写真に影響がある場合は不良品となるが、影響が認められない場合は不良品という判断はしないのがトイカメラで、日本製とはその点まったく異なる。
フラッシュについても全く同調しないものは、初期不良として対応するが、基本的に動作保証はないと思って良い。
トイカメラには様々な種類があるが、その代表的なメーカーであるHolga(ホルガ)は中国製の箱形カメラで、低品質の材料と単純な凹凸レンズの組み合わされ、LOMOよりも安く販売されたが、その安っぽい造りはしばしば背景のケラレ、ぼけ、光漏れあるいはその他の像のゆがみを生み、同じ機種でも一個一個写り具合が異なるほど品質が劣っていた。
これらの効果により時々生じる一風変わった写真は、皮肉なことに国際的なカルト的人気を高め、ホルガの写真はアートと報道の分野で数多くの賞を勝ち取り、トイカメラの愛好者や芸術家などに強く支持されている。
個人として勧めるとしたら、ピンホールカメラにはありがちな光漏れなどの扱いにくさが多少解消されたZero Image社の「ZERO2000」である。
チーク材のボディに真鍮製の金具が組み込まれるなど、高級感漂う大人のカメラとして仕上がっている。
全面にピントが合う「パンフォーカス」により、奥行きのある写真になり、シャッターの開き時間を調整することで新たな表現も可能である。




RSS関連リンク


no.560 ぱーてぃーぴーぽー


のお詫びとトランスフォーマーを見に行こうと誘う。
渋谷に集合するも映画の時間が微妙で喫茶店で日常会話。
ツッツンが購入したトイカメラのようなテイストがでるデジカメが、やばかった。
準之助が渋谷に現れ池尻にBBQへ。
レスレインというWEBデザイン会社が主催しているパーティー



#316 LOMO or HOLGA


ぬー!!欲しい!!トイカメラ!!デジカメも良いけど、トイカメラがほしー ロモー!!ロモで撮られた写真みてたんやけど、やっぱ温かみが違うよな!!あー欲しい!!買ってー!!もしくは安く譲ってー そいで使い方とかおしえてー てか普通の電気屋さんで売っ


トイカメラはロシアや中国

トイカメラとは、もともとはロシアや中国などで生産された作りの粗雑なカメラのことをいう。
日本の勤勉なメーカー群とは対極をなすその製達は、つくりの粗雑さが原因で偶然なんとも味わい深い写真撮れるということで、マニアの間でじわじわ流行していったのである。
トイカメラブームの火付け役と言えば、90年代後半に生産されたロシア製のLOMOである。
それ以降世界中のトイカメラが日本に紹介され、日本人は几帳面な日本製のカメラでは撮ることのできない味わい深い描写や発色に魅力を感じて、トイカメラの虜になっていったのである。
トイカメラの特徴としては、安価な素材で簡素化されて作られたものであるため、同じ種類の型であっても個性があり、写真の品質にもばらつきがあるため、プロのカメラマンなどがその奇妙な光学効果を逆に利用した写真などが評価され、報道や芸術関連の分野で数多くの賞を勝ち取り、現在でもトイカメラの愛好家や芸術家などに強く支持されている。
トイカメラには様々なメーカーがあるが、その代表であるHolga(ホルガ)は中国製の安価な中判の箱形カメラで、その低忠実性ゆえに、ロシア製カメラのLOMOと並んで芸術的に評価?されている。
ホルガは1982年に香港で生まれ、その頃に中国でもっとも普及していた120フィルム(ブローニュ判)を使用していた。
元来中国の労働者階級の家族写真やイベントを記録することを目的とし、安価で大量に販売されることを目指していたカメラである。
ホルガの語源は広東語の「Ho Gwong」=「とても明るい」である。
個人として勧めるとしたら、ピンホールカメラにはありがちな光漏れなどの扱いにくさが多少解消されたZero Image社の「ZERO2000」である。
チーク材のボディに真鍮製の金具が組み込まれるなど、高級感漂う大人のカメラとして仕上がっている。
全面にピントが合う「パンフォーカス」により、奥行きのある写真になり、シャッターの開き時間を調整することで新たな表現も可能である。




RSS関連リンク


トイカメラ


たロシア製のLOMOである。
それ以降世界中のトイカメラが日本に紹介され、日本人は几帳面な日本製のカメラでは撮ることのできない味わい深い描写や発色に魅力を感じて、トイカメラの虜になっていったのである。
トイカメラの特徴と言えば、その製品の完成度



トイカメラ Vivitar Ultra Wide & Slim北アルプスでカシャ


今回の山行記録はこちら→ 山行記録 穂高岳連峰縦走 番外編? トイカメラで綴る山旅 です。
今回もトイカメラ Vivitar Ultra Wideを山旅に連れて行きました。
お天気が悪そうだったのでASA800のフイルムを入れていきました。
屏風岩に抜けるような青い空です。
枯れ木


トイカメラにしかできない

トイカメラ(toy camera)とは、おもちゃに分類レンズ付きフィルム(『写ルンです』などに代表されるシャッタースピードや絞り、距離などが自動のいわゆる”馬鹿ちょんカメラ”の仲間である。
日本製は基本的にちゃんと写るのでその点、誤解が無いように。
もともとはロシアや中国などで生産された作りの粗雑なカメラのことで、いわゆるおもちゃ(トイ)みたいなカメラという意味であるので、日本の勤勉なメーカー群とは対極をなすその製品と言って良い。
トイカメラの特徴と言えば、その製品の完成度の低さであるが、構造的欠陥による光漏れや巻き上げの不具合などが多く発生するHOLGA、WOCAなどがいわゆるトイカメラメーカーの典型である。
これらの製品は、写ったり写らなかったりするケースや、フラッシュが同調しなかったりするケースなどがあるので、基本的にトイカメラには保証期間がない。
というか、トイカメラに完全な製品というものは存在しないと思って良いだろう。
ロシア製は、新品でも状態がばらばらで、日本製品の基準からすると、かなり甘い基準となっている。
トイカメラには様々な製品があるが、トイカメラの代名詞と言われる「HOLGA」の最上級モデル「HOLGA120CFN」は、4色のカラーストロボが内蔵され、頭のダイアルを回転すると、オレンジの街並みや青い木々など楽しい世界が映し出される。
気分によっては好きなストロボ光をあてることも可能で、120フィルム使用なので画質も良いのが特徴である。
個人として勧めるとしたら、ピンホールカメラにはありがちな光漏れなどの扱いにくさが多少解消されたZero Image社の「ZERO2000」である。
チーク材のボディに真鍮製の金具が組み込まれるなど、高級感漂う大人のカメラとして仕上がっている。
全面にピントが合う「パンフォーカス」により、奥行きのある写真になり、シャッターの開き時間を調整することで新たな表現も可能である。




RSS関連リンク


ソニー デジカメ1


トイカメラ♪ ...ハリネズミカメラの限定の響きと、白とキラキラにやられてもうた。
あう。
ちなみにハリネズミの方は、フィルムを装着しないと3cm四方くらいの大きさになります。
かわいーのだぁ。
デジカメとはまた別の写真の味わい方ができそうですよね。
>デジカメ1大阪バカンス



「ホルガエキスポ2007」


トイカメラ「ホルガ」。
私は持っていないのだけど。
それで撮影された作品だけを展示する写真展に行った。
思ったより規模はちいさくて、 ホルガファンが作った写真倶楽部のグループ展、みたいな雰囲気。
かなり好きなものもあり、 家族のスナップにしか見えない


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。